友浦小説感想掲示板

9152
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

イラン・イスラム共和国を精神面から指導した人物 - うさぎ777

2018/08/10 (Fri) 06:47:22

イラン・イスラム共和国を精神面から指導した人物

http://music.geocities.jp/jphope21/0204/42/278_1.html

イランの元首である最高指導者(師)だったルーホッラー・ホメイニーだ。

( http://book.geocities.jp/conspiracycalendar/02/d/09/0924.html )

( http://music.geocities.jp/jphope21/0104/46/302.html )

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p005.html )

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p008.html )

( 個人的意見 )

「雨の庭」感想 - 鈴木 やまは URL

2017/11/25 (Sat) 01:36:06

お待たせ致しました。「雨の庭」の感想書くとブログの方で述べておきながら仕事と東京コミティア122の準備に追われててようやくという感じですが書きます。

冒頭から素直な言えば「面白かった」です。自分はS・キングや横溝正史が書くような閉鎖世界というモノにワクワクするタイプで「雨の庭」はその世界観がもろに当てはまります。「一体この世界は一体何なのか?」と主人公律歌の視点から読者が考える事が出来ましたしその謎解きを行動的に彼女がしてくれるので読者との一体感があったと思います。それというのも頭の回転も速く大勢の仲間を作る事が出来、無謀かも知れない事に熱意を持って全員で取り組ませるという「天然のリーダー」である彼女の考え方や理念はごくノーマルで常識的で共感できる部分があるからだと思います。良いキャラクターですね彼女は。

全体の世界観もほのぼのして悪人がいないのにどこか不気味さを感じるところが良いです。欲を言えばその不気味さがさらに出ていれば良いかな?と思いました。欲しいものは何でもタダの理想郷って常識的に考えれば不気味ですしねこの理想郷な場所は居続けたらかなりヤバイと読者に思わせればかなり良くなるかな??と思いました。いずれにしろ自分は閉鎖世界が出てくる話がすきなのです。
そして先ほど述べた主人公律歌さんの行動理念。この小説での現実社会の辛さを何とかしようとした律歌さんの想いは図らずも逆の効果を示すという皮肉的なラストシーンは良いですね。「謎解いて終了」ではなく理想郷と解りつつもそこに留まらず悪夢な世界に帰ろうとする彼女の強さは良いです。自分も強い女性キャラが好きですからね~。

それにしても友浦作品を計4冊読みましたが初めの頃から比べるとストーリーが随分読みやすくなり洗練してきたなと思います。ホント凄い成長をしてきたなとなんだかまた上から目線で失礼ですがそう思いました。そして自分の絵ではホント「売り下げ」にしかならないですけど挿絵担当してみたいな~と思えるストーリーを創ると思いましたです。そんなワケで自分が考えた「律歌さん」を試しに描いてみました。なんとなく思ったのは高校生の頃の彼女は可愛いという感じよりとても美人だけどどこかがさつで「寝癖なんかあったりする」なんて姿を想像しました。で電卓くんを振り回す姿を想像しましたね~で、廻りの男どもは内心電卓くんを羨ましがっている…そんなイメージを想像しました^^
がちょっと簡単にラフ描いてという感じでやっつけ感があるからイメージなんだかこなれてないですね~。あざらふさんには遠く及ばないですな(泣)。

あと一次創作感想ブログにて自分の「君の夢…」の感想ありがとうございます。素直に励みになります。何とか彼らの成長とその最終回まで描いていくつもりなのでなまあたたかい目で見て下さい><

そして最後に「雨の庭」を読んで良い時間を過ごせました。面白かったです。   

Re: 「雨の庭」感想 友浦 URL

2017/11/29 (Wed) 00:54:37

感想本当にありがとうございます!!!
とても嬉しかったです。。。。
返事もう少々お待ち下さい!!

名古屋コミティア52 - 鈴木やまは

2018/03/20 (Tue) 20:29:12

お久しぶりです。
ツイッターとかでも頻繁に友浦さんがコメントしてますがそちらでも特に関わるワケでもなく申し訳ないです><現在年度末の仕事が殺人的なモノでして…(泣)。

で、用件ですが今月の25日に名古屋コミティアで自分も参加しますが新刊は無いですが仲間が同じコマで売りますのでお暇なら是非お寄り下さい^^

F53であります。

ではお忙しい中失礼しました~。

Re: 「雨の庭」感想 - 友浦

2018/05/04 (Fri) 23:10:32

いったいどれだけお待たせするのだ~と自分に対して呆れながらもずっと頭の片隅に、やまはさんの返事しなくちゃ~という意識だけはありました><ほんとごめんなさいな友浦です!!
ほんとにお待たせしました!!
今『一条家の箱庭』という新作を書いていて、〆切前なんですが、くたくたにへばってしまったので、ここに来ました★ 以前もらった感想を読んで元気を取り戻そうと思って読みに来たんですが、いやはや、やっぱり元気が出てきました♪ そしてその元気で小説書きに戻ろうかなと思ったのですが(そういうこともよくあるんですがw)、でも今回はあまりにも疲れ果ててしまっているし、返事を書くことで気分転換しようと思います!!!

閉鎖空間っていいですよね~! 閉鎖空間謎解き+ディストピアを尖ったキャラクター達で描いてみましたが、その辺りまで見ていただけて嬉しい限りです。律歌のイラストまでほんとにめっっちゃ嬉しかったです><そうなんですよね、彼女は天然のリーダータイプなんです。でも、それ以外はいたって平凡というか、普通の人間なので、読んでいて誰もが共感しやすいかもしれないですね。カリスマ以外は凡人な彼女の視点から、変わった人達(北寺とか電卓とか)を理解していくのを楽しんでもらえたら大成功だと思います。
不気味さがもっと出ていたら、たしかにもっと良くなるかもしれないですねー言われてみたら、もっと演出できるかもしれない……と思い始めました。「居続けたらかなりヤバイ」って絶えず実感するような、不気味感ですか!w それはたしかに、この作品の良さが増す気がする……! あと、謎解きからの皮肉な展開、からの律歌の本当の強さ、を気に入ってもらえたのも嬉しかったですね。律歌、北寺、電卓三人ともに思い入れがあるので、いいところを見つけてもらえると本当に作品にしてよかったと思います。また、続編『晴れ上がりの庭(タイトル仮)』を考えていますのでそちらも楽しみにしていてもらえたらなと思います。新キャラが二人出ます、こちらも気に入っていますので……!

いやはや、こうして四作品通して応援してくださるやまはさんに出会えたことは本当に幸運だったと思います。律歌のキャラクターをばっちり捉えてくださっていて作者冥利に尽きます( ;∀;)
こんな感じの女の子ですね~~♪律歌は夢に向かってまっすぐに見えて意外と寄り道するのですが、でも大事な選択は揺らがないような一本芯の通ったところがあって、その夢の大きさと、彼女の折れない芯の強さに惹かれ、そしてダメダメなところは自分の力で支えてあげたいと思う仲間がいて……。電卓もそんな仲間たちの一人ですねwやまはさんにまさか描いてもらえて本当に嬉しかったです!!!
また漫画の感想も書かせてくださいね!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

とりあえず現代麻雀の感想書いたよ~ - マオ@ URL

2017/11/11 (Sat) 11:32:27

現代麻雀技術論をベースに書いたビジュアルノベルの感想。

友うりゃ氏が2012年にネットで公表したものであるビジュアルノベルだが、まず目を流れるのは説明の長さであり、主人公の考え方であったり、そのベースにあるのが頭の良い主人公である。

ビジュアルノベルを見ていて思ったのが、見せる絵のないシーンの代表?としてパソコンの前の主人公がある。
(また主人公は個性のないネット民の一部としてニ〇ニ〇コ生放送をネットの環境としている)

その説明から学校に移り、金山と会い、自転車に乗せられ、リアルマージャンをし、夜に一人で帰りPCの前へという流れになる。

この手牌そのものの変化の面白みを感じなければいけないし、現代麻雀技術論より前から言われている、先制愚形ドラ1リーチの流局されつくされた強さを感じなければいけない。
現代麻雀技術論的以前に孤立牌の強さなどの説明を飛ばし(1章目だからか)雰囲気を重視するあまり、かなり理解度が必要な図になってしまった。
たとえばビジュアルノベルのシーン。
122233456 何かの暗刻が上がり形としてあったのだが、
河の捨て牌は156が流れていて
主人公の海底がその1pだった。

登場人物の金山は手は
2223334 何かの暗刻 で四暗刻単騎の形まで持っていった。
リーチしていれば5200は確定の形で
一番前の三暗刻をリーチしていれば8000点確定で
で流局の役満狙いというのが、全体収支と局収支の違いとして書かれている点。

なんというか友うりゃさんの保険の要素の麻雀の面白さが文を超えてしまった感が私には受け取られてしまったのが残念。

言い方を変えると友うりゃさんが文章6段7段だとすると牌譜提供のイニエスタさんが天鳳十段だから当たり前といえば当たり前。

自転車のシーンはよかった。小説はあまり読んだことがないが、そのシーンは長さと主人公の立場、乗せられているという数文の中にきちんと小説していた感じがあったので、逆に帰りの麻雀のことは考えても他のことを考えない「個性のない主人公」がコメントがないために、高校生という年齢から考えたら普通なのかもしれないが、友うりゃ氏にも手のあまる存在だったと同情。

説明ができているからくる面白さを他人と共有できるからの思考レベルとネット民の言う「民度」もしくは世代差はきちんと区別できないといけないと自分も文章書いてるので反省になった。逆を言うと合わせないといけない場面もあるって言える。

最後のヘアピンの文章の落ち着きとして面白い。

Re: とりあえず現代麻雀の感想書いたよ~ 友浦 URL

2017/11/26 (Sun) 05:59:56

現代麻雀ノベルゲームをプレイしてくれてありがとうございます!
感想もたくさんくださり感謝です!
Twitterの方でもいろいろ話しかけてくださりありがとうございます、というわけでここでは短めに、、!
いつか何十年後とかに続編が出せたらいいなと思いますw

「四次元の箱庭」感想 - 鈴木 やまは URL

2017/10/12 (Thu) 01:05:23

まず始めに上からモノ見た偉そうな感じでアレですが…
これまで「宮廷プリンセスナイト」「夜勤」と読みましたが今回読んだ「四次元の箱庭」はそれこそ別次元に文章とストーリー展開が盛り上がっており一言述べれば

面白い!

と断言出来ます。医療業界のリアリティある話を盛り込みつつ話に緊迫感を与え誰一人悪人が居ないのに無人のトラックが坂道を激走するようなハラハラ感があって「先がどうなるのか!?」というエンターテインメント感にページをめくる手が止まらなかったです。失礼ながらこれは「プリンセスナイト」「夜勤」では得られなかった高揚感で何日かかけて読むつもりが一日であっという間にラストまで行ってしまいました。友浦さんスゲー!!

ただ完璧な作品というものはこの世にはないもので自分は新聞小説なんかにある「医療サスペンスもの」として読んでしまったのでラストの展開に「いきなり感」があったのも事実ですが時限爆弾が作動しはじめたような全体の文章の緊張感は半端なく、またラノベと考えればあのラストも良いものかと思いました。いずれにしろ「四次元の箱庭」は本当に面白い時間を過ごせたと思える作品であります。
個人的に一番好きなキャラクターは針間先生ですね~多分この人をあげる読者は多数居ると思います。ラストの瑠璃仁さんとの「異種格闘技戦」もとても面白かったんですが239ページの彼の「医者としての矜持」をぶちまけるシーンは最高に格好良かったですね。医師というより職人のような頑固さがあるから患者に嫌われる彼だけど早く的確に最良の決断と処方を下す彼は月並みに「カッコイイ!」であります。この人は描いてみたいな~と思いました。ホント今回の「四次元の箱庭」読んで絵描きとして友浦作品挿絵を担当してみたいとも思える作品でもありました。

まあもっとも自分の絵では友浦作品の「売り下げ」に貢献する画力しか無いですけどね~><。

でもそう思える程に良い作品を友浦さんは仕上げたと思います。ホント面白かった!!

Re: 「四次元の箱庭」感想 - 友浦 URL

2017/10/13 (Fri) 08:09:23

さっそくのご感想ありがとうございます。
書いていただいたことを何度も何度も読み返してはにやにやしておりました!
ああ楽しんでもらえたんだなと実感できて、これからもそう思ってもらえる作品が書きたいなと……。本当に支えになります。
『四次元の箱庭』は友浦劇場の三作目ということで、少しは成長できていたら嬉しいですね。また、幾度も改稿を重ねていますので、初めからこれくらいの完成度で出せなきゃなぁと反省したりも……。(でも、感想コメントなどで育ててくださった読者に感謝!)
針間は苦戦しましたが、このキャラクターのおかげで、もっと描きにくかった白夜をスムーズに動かせたし、相乗効果のようにして針間の完成度も上がり、作品の完成度も上がって、と、助けられたりしました。かっこいいと思ってもらえたシーン詳しく教えてもらえて、めっちゃ嬉しかったです/////キャー! 嬉しすぎる!! 鈴木やまはさんバージョン針間Dr.見たい…っ。またこんなキャラクターが生み出せたらいいなと思います。
ラノベとしてはありだけれども、「医療サスペンスもの」として読むと、ラストの展開に戸惑うとの意見もなるほどと思いました。この作品は大筋はこれで確定しているので、その違和感をどれだけ減らせるかが勝負なのかもしれません。
『四次元の箱庭』はまだまだこれからも広がっていく予定なので、これからも気にしてもらえたら嬉しいです。
温かい応援の言葉、本当に本当にありがとうございました。

雨の庭β版 - ぺし

2017/09/14 (Thu) 02:28:06

小さな世界に迷い込んでしまった主人公達。その世界は生活に関するものが「天蔵」という通販サービスを通して何でも手に入る楽園のような世界だった。だがそれは裏を返せば生活の全てが「天蔵」に握られている世界でもあった。
主人公達はこの奇妙な世界を探索することにするが・・・?
この世界は何なのか。何故彼らはこの世界に来たのか。主人公の過去とは。
β版とあるように物語は途中で終わっているがまだ多くの謎が残っているので今後の展開から目が離せない!

話のテンポが良い感じでするする読めたと思います。特に世界の探索→考察→反省を踏まえて更に探索といった流れで世界を広げていく速度が調度よく、読み手が世界を広げている感覚にすらなりました。
話の内容も表現もとても良いので、これを読んだ人は続きも絶対に読みたくなると思うし、私も読みたい。


続編待ってまーす

Re: 雨の庭β版 - 友浦 URL

2017/10/13 (Fri) 07:57:29

原稿仕上げるとき&イベントに被ってしまい、返事が遅くなりすみません!!

掲示板にまでご感想ありがとうございます!!(泣)永久保存ですよ!!!
ペシさんは『雨の庭』β版(途中書き)の抽選に当選され、本編公開より早くに読んでいただいたわけですが、
届いて即座に読んでいただいただけでなく、twitterやDMですぐさま感想くださって><
私は幸せ者すぎました……本当に。。生きててよかった。。
しかもそのまま紹介文として何かに使用したいほど魅力を理解し伝えてくださっていて、いや~~この感想をいただいてからの執筆、そりゃもう捗りましたとも……。
私は読書が苦手な方なので、自分の書く小説は読みやすさには気を遣っているので、するすると読んでもらえたとしたらよかったなーと思います!
読み手が世界を広げている感覚にすらなるとまで言ってもらえて、楽しんでもらえた気がして、頑張ってきたことが報われた気がしました。これからもそう思ってもらえたらいいなーと強く強く感じました。頑張るぞぉぉぉ!!
やっぱり一人で孤独に書くより、楽しいです。
本当にありがとうございました。

雨の庭 読了 感想 のったん

2017/09/06 (Wed) 00:18:40

記憶が曖昧な主人公律歌が中心として自分は一体ここに何故居るのか 
北寺と共に過ごす日々の中で様々な疑問を持っていく律歌が動き始める
律歌の心の動きやその近くで助ける北寺との関係はどうなっていくのか
最後に添田と厚労省の文字がでてくるがこの庭はまだ未完成でその穴を律歌達が攻めてきたがなんとか対処したという形で終わる。
設定が曖昧にみえたが今後の展開でどうなるのか予想がつき辛いように思えました。

他に出てきた登場人物の様子をみるとその人自体は悪い人間ではないが現実世界(庭に来る前)で問題がありなんらかの理由でこの庭(個人的には箱庭と考える)に連れてこられた。ただ主人公の記憶が曖昧なのはその問題が大きかったから?と考えるのが相当に思えるが不明。気になる

少し読みにくさを感じましたが今後が気になる作品で次はぜひお金を出して購入してみたいと思いました。

これからも執筆活動がんばってください。
                        

Re: 雨の庭 読了 感想 友浦 URL

2017/09/10 (Sun) 14:21:30

最後までお読みくださり、さらに感想までありがとうございます。とても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです!
感想を読んで、読みづらいところもっともっと改善していかないとだめだねーと、編集担当共々感じました!! 改めて意識を強めたっ、、!
しかしまだ謎の多く残る中、様々な予想をして読んでもらい、作者としてこんなに嬉しいことはありませんヾ(●´∇`●)ノ
主人公律歌の記憶はなぜ無くなったのか? 前の記憶は? なぜ号泣から始まっているのか、厚労省登場の謎などは、これからどんどん明かされていく予定です。β版では途中書きになってしまったわけですが、これから注目していただければ幸いです。
続きが気になると言ってもらえて、ああ頑張っていい作品にしたいなと思うことが出来ました…泣
10月8日(日)の名古屋コミティア51では本作の完全版初版を発表する予定なので、ご都合よろしければぜひお越しくださいませ!!

ありがとうございます。 - 鈴木 やまは

2016/02/03 (Wed) 02:36:51

いまちょっとヒマがあったのでコメントを…
「夜勤」は面白かったですよ。細部についてはまた後日改めて…。その感想を書き込まなかったのは他の皆様も返信が欲しいだろうな~と思っているときに自分が書き込むとまた負担が増えて更に返信が遅れるかもしれないな~と思ったからです。

美男子に造詣の深い絵描きさん、もう決まったみたいですが自分の交流してる周りで居ないので決まって良かったです。いなければ自分がとも考えましたが美男子に興味も無いですし自分の絵ではイカンだろな~、とプリンセスナイトの挿絵を見て想像しましたし…。

僕の作品についての感想はまあ怖さ半分期待半分で気長に待ってます。

んでは~。

Re: ありがとうございます。 - 友浦

2016/06/18 (Sat) 20:00:46

返事が大変遅くなり申し訳ありません><
4月のコミティアで会えると思っていたら会えず残念でしたよ~。。!!
やまはさんの漫画も読み終わっているのですよ!!!
おかげで、コミティア後の飲みの席で別の人に間違って鈴木やまはさんだと思って話ししました笑笑
で、「あれ? 鈴木さんじゃないですか!?」って言ったら、「違う~~~笑」
からの、その人のあだ名がその席でずっと「鈴木さん」で固定化されてますますわけがわからなくなったのを今でも覚えていますww
夜勤の感想早く聞きたいです! 夏コミは参加されますか????

Re: Re: ありがとうございます。 - 鈴木 やまは URL

2016/07/21 (Thu) 21:29:51

どうもです友浦さん。遅れました鈴木さんです(笑)。

4月6月とその期間は自分のサイト「居酒屋やまは」のシリーズものの新作漫画を連続で描いていたのでコミティアには行けれませんでした。10月のは何とか行こうと画策してますが今は何とも…。

ホント「夜勤」の感想を伝えねばと思っているのですがね~><。僕の漫画の評価ももちろん聞きたいし断罪ももちろん構いません(汗)。

ホント今大変暑いですが体調崩さず友浦さんも頑張って下さいね。「四次元の箱庭」もちろん買わせていただきますので。

ではです。

四次元の箱庭③ - 天原みかさ

2016/03/23 (Wed) 21:35:18

読了しました。極力ネタバレ抜きで行きたいと思います。

①②が物語の導入とすれば、③では一気に核心部分へと展開、タイトルの「四次元」の意味がようやく明確になります。

個人的にツボなキャラは針間先生。歯に衣着せぬ辛辣な物言い、これはもしかして実在人物をモデルにしてませんか? と思うぐらい妙なリアリティがありました。

私には鬼畜キャラと言うよりは「彼自身の理想、方針が明確であるが故にどうしても厳しい言葉遣いになる人」と感じました。この後どう物語に絡むか楽しみです。

瑠璃仁くんは③で完全にキャラが固まりましたね。①②での印象を覆すぐらいのインパクトがありました。しかも彼のおかげで③のラストが「次回、急展開!」という感じになっているのが良いと思います。物語の引きとして素晴らしいです。

①②ではメインヒロインという感じのあった伊桜が今回はそれほどメインで推されませんでしたが、おそらく次回以降のキーとなるのでしょう。瑠璃仁の心の中の何か、扉を開く人物になりそうな予感がします。

薬関係の描写が多いのは流石です。実体験を元にしたと思われるリアリティのある作品ですが、それをさらに強化するだけの描き方となっています。

アサガオの種を描いたシーンもありましたが、まさか彼はチョウセンアサガオの種を食べてないでしょうね、と心配になりました。症状から察するに明らかにヒヨスやマンドラゴラ系の植物アルカロイドを摂取した時のパターンでしたので。

スタートがややゆっくり始まった作品ですが、ようやくここに来てエンジンがかかったように思えました。次回を楽しみにしております!

Re: 四次元の箱庭③ - 天原みかさ

2016/03/23 (Wed) 22:09:47

毒物系の資料も小説用にいろいろ読みました。昔から興味のあるテーマでしたのでw

Re: 四次元の箱庭③ - 友浦

2016/06/19 (Sun) 14:52:33

天原さん!!!
返事が遅くなって本当にゴメンねですよ!!><
毎日twitterでリプする間柄だからと甘えて後回しにしてたのは否めないよ;;;;;
というかですね、ここに来た感想には、友浦は本気の本気で返したいのですよ!
だからなかなか気軽にぽいっと書けないのです~~~
でも読んでくれて感想くれたのめちゃくちゃ嬉しかったです!!!
イベントが一段落ついたので、今だ!! とようやく筆を執った!!

>読了しました。
なかなか読んでくれる人がいなくて~;
③を読んでもらえたのは本当にモチベーションに繋がりました。

>極力ネタバレ抜きで行きたいと思います。
基本ネタバレ全開でOKなのですが、天原さんのこの速さ限定で、ありがたかったかも!

>①②が物語の導入とすれば、③では一気に核心部分へと展開、タイトルの「四次元」の意味がようやく明確になります。
ですね~~!!もっとキャラクター描写をしたかった気持ちもあるし、もっと展開を前出ししたかった気持ちもあるしで、難しく悩んでいます;両方うまく合わさるようにできると良いんだけどなあ。

>個人的にツボなキャラは針間先生。歯に衣着せぬ辛辣な物言い、これはもしかして実在人物をモデルにしてませんか? と思うぐらい妙なリアリティがありました。
針間先生キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ありがとうございますw
針間は実際の問題精神科医(?)三人(一人目:口汚いことで有名なトンデモナイ精神科医(やばい)、二人目:現実主義でネットで有名な精神科医(丁寧)、三人目:そっけないくらい効率主義なMy主治医(不明熱からお世話になってます))を参考にしつつ、かなり試行錯誤して一人の人物に仕立てました。大変でした(遠い目)。
とんがった先生ですが、気に入ってもらえると嬉しいです。

>私には鬼畜キャラと言うよりは「彼自身の理想、方針が明確であるが故にどうしても厳しい言葉遣いになる人」と感じました。この後どう物語に絡むか楽しみです。
そうですね、その通りです。けど、もし序盤でそうと思わせてしまったとしたらちょっと失敗;(徐々にわかるようにしたかった)
こちらももっと心を鬼にして、もっときっぱりはっきり鬼畜に描かないといけなかったな(!?)と天原さんの感想を読んで思いました。文庫版で加筆しました。ぜひ読んで欲しいですw!!

>瑠璃仁くんは③で完全にキャラが固まりましたね。①②での印象を覆すぐらいのインパクトがありました。
>しかも彼のおかげで③のラストが「次回、急展開!」という感じになっているのが良いと思います。物語の引きとして素晴らしいです。
瑠璃仁キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
そう言っていただけて嬉しいです! その「次回、急展開!」も、ぜひぜひご期待ください。
彼の見どころは、まだまだありますよお~^^

>①②ではメインヒロインという感じのあった伊桜が今回はそれほどメインで推されませんでしたが、おそらく次回以降のキーとなるのでしょう。瑠璃仁の心の中の何か、扉を開く人物になりそうな予感がします。
ありがとうございます! こちらは天原さん未読ということで、ノーコメントにしておこうと思います!

>薬関係の描写が多いのは流石です。実体験を元にしたと思われるリアリティのある作品ですが、それをさらに強化するだけの描き方となっています。
ありがとうございます! 
病院には縁があるので、そのへんは書きやすかったです!
薬や病気については医大にこもって本を読んだりして詳しく調べました;
でも素人なので責任取れないので名称はすべて架空のものにしてあります;。(夢遊病だけは正式名で出したかな?)

>アサガオの種を描いたシーンもありましたが、まさか彼はチョウセンアサガオの種を食べてないでしょうね、と心配になりました。症状から察するに明らかにヒヨスやマンドラゴラ系の植物アルカロイドを摂取した時のパターンでしたので。
>毒物系の資料も小説用にいろいろ読みました。昔から興味のあるテーマでしたのでw
おおおおおおww
まさかこんなに早くここに気付いてくださる人がいるとは思いませんでした!
フフフフ……チョウセンアサガオ、知ってる人は知ってるものなのですね~!! 写真まで! これは天原さんが持っている本でしょうか?
誰もが知っている見慣れた花「アサガオ」。
表紙は愛華さんにお任せしましたが、アサガオを登場させて欲しいということだけは要望を出しました。
この辺のことは私からは多くは語らないことにしておきますw(本当は語りたいw)

>スタートがややゆっくり始まった作品ですが、ようやくここに来てエンジンがかかったように思えました。次回を楽しみにしております!
ありがとうございました。
応援してくださることにいつも感謝しています。
またよろしくお願いします!

夜勤 50ページまで読みました~ - 鈴木 やまは URL

2015/10/19 (Mon) 22:11:58

どうもです。前にも「プリンセスナイト」でやりましたが色々ばたばたしてて今日始めて「夜勤」を50ページ読んだのですが、いやなんというか…。友浦さんはプロを目指しているので僕はそういう人には正直な感想を述べることにしてますが正直…。

「かなり面白い!!」

という事です。いやすみません、まだ途中ですから当然最後まで読んでませんが「講談社ワルプルギス賞らいと」に最終選考まで残ったというのが解る気がします。漫画もそうなんですが始めの3ページが面白くないと残りが面白くても全てダメ!といいますがラノベでも若い読者が相手である以上多分物語の始まりはいかに読者を引き込ませるかが重要だと思ってます。夜勤の出だしはかなり読者を「読ませ」ます。いや失礼な話、実は「プリンセスナイト」が僕に合わなかったので期待してなくて面白くなければそのままスルーつもりでしたが(ホントすみません><)「夜勤」はかなり良いです。舞台設定がわくわくしますね、差別される夜生まれの心理描写が巧みだと思いました。多分友浦さんが「夜生まれ」の立場になって試行錯誤したものだと想像してます。がぜん今後の展開が楽しみになってきました。
ホント読んだら感想書きます。

が、すみません。僕も相変わらず仕事が忙しい上にシリーズものの漫画描いててソレに取りかかったばかりですから全て読んだあとにいつ丁寧な感想が書ける解らない状況です><。が、必ず書きますので気長にお待ち下さい~(大失礼(汗))。

全く無名な僕程度の人間ですがプロを目指す人には正直な感想を書くの礼儀だと思ってますから練習辛辣な事も言いますが「面白い!」と思った時も嫉妬せずに言うことにしてますです。だから50ページまでですがまだまだなんともですが

「夜勤」はかなり面白いです 。

では新潟で良い思いをするよう、多分同じ東海地方の住人として友浦さんの小説活動を応援してます。

ではです。

Re: 夜勤 50ページまで読みました~ - 友浦 URL

2015/11/05 (Thu) 13:04:13

返事が遅くなってしまい申し訳ありません。こちらにいただいた感想は、何度も読み返して、「こう書いてあるからこうも思ったかな?」「いやいや、もしかしたらこう思いながら読んでいたのかな」と、たくさん創造を膨らませていました。
『夜勤』を面白いといっていただき、とても嬉しいです。
『宮廷プリンセスナイト』を読んでいただいた時の率直な意見ももちろん有難く参考にさせていただいていましたが、
(合わないにもかかわらず、おそらく応援のつもりで私のために最後まで読んでいただき、そしてご意見まで下さったことには深く感謝しています! 貴重なご意見ありがとうございます)
『夜勤』は楽しんでもらえているようなのが、同人誌とはいえ売り手の立場からすると、よかったなと安心します。
『夜勤』の初めの方(それこそ50ページくらい)は、
大改稿前の「ワルプルギスらいと2013」のころから、割と好評を受けることが多く、また即売会でも『夜勤』はあらすじ紹介がしやすいなーと自分で思っていました。

>舞台設定がわくわくしますね。
ありがとうございます。
そこは『夜勤』でイチオシしたい部分なので、それを求めている読者に届けることができて本当に嬉しく思います。

また、「プロを目指す人には正直な感想を」という精神は本当に有難く受け止めていて、
面白くなかったら面白くなかったで、その意見を元に頭をやわらかくこねて次の成長に繋げていきたいし、
その上で、楽しんでもらった時は、それを素直に嬉しく受け止めて自信を成長に繋げたいと思います。

新潟への応援もありがとうございました。不安でいっぱいの中、応援してくれる人がいるのは心強かったです。
無事、既刊&新刊を販売してくることができました。
さまざまな出会いも増えて、本当に行ってよかったなと思っております。

鈴木やまはさんの作品の感想も書きたいのですが、

一次創作作品感想ブログ
http://ameblo.jp/tmur1120/entrylist.html

こちらで予定しております。
やまはさんのサイトには感想掲示板はありましたか・・・?
もしそちらにも書き込んでほしい等ありましたら、伺いますので教えてくださいね!

ありがとうございます。 - 鈴木 やまは URL

2015/11/09 (Mon) 20:28:48

どうもです。
いやーホント夜勤読んでますよ〜。半分くらい読んでます。展開が全然読めなくて文章の「どうなるの??」感がかなりあります。この辺は友浦さんの能力だと思いますし、「プリンセスナイト」でもそういうものはあったので全て読めました。まあ同人誌即売会で会った「応援したい人」の漫画なり小説は買うし途中まで読むのですがやっぱり合わないと放棄しちゃうしコメントもしないので今回こうしてコメントさせていただくのは多分友浦さんの心意気に感銘を受けたのもありますが「読みやすい」というのもあります。多分これは友浦さんの実力ですよ^^。失礼な話「合わない人」は物語の世界観が解りづらかったですから…。

あと僕の漫画の感想も書き込んでくれるみたいで嬉しいです。サイト居酒屋にも掲示板はありますが友浦さんの「一次創作感想ブログ」でも構いませんですよ〜。気長に待ってます。もちろん僕の作品に対しては遠慮は無用です。僕も友浦さんに正直に語ってますからホントつまらなければ「断罪」してください(大汗)。

小説の挿し絵描く方見つかると良いですね、
ではです。

Re: 夜勤 50ページまで読みました~ - 友浦

2016/01/31 (Sun) 22:02:34

鈴木やまは様

ブログコメントによると、既に全部読み終えていらっしゃるとのこと・・・!
友浦の返事が遅いばっかりに、いろいろお気を遣わせてしまって申し訳ありません。。

>展開が全然読めなくて文章の「どうなるの??」感がかなりあります。

ありがとうございます。
友浦は生きていると、「発想が変わってるね」とよく言われるのですが(良くも悪くも言われるのですが笑)、
創作ではそれを活かして頑張りたいと思っています!
なので、それを認めてもらえるのは、自分そのものが認められているようで、とっても嬉しいです。

>「読みやすい」というのもあります。

これについても、私もやまはさんと同じで、
読みにくかったり、引き込まれなかったりする感じのある小説がどーしてもダメで、
たとえ、じっくり読めば面白いのがわかっているものでも、やっぱりダメなんです。。
読み終えられないというか。。
たぶんやまはさんの気持ちとかなり近いものがあります。
そのため、「読みやすさ」へのこだわりは強いのかもしれません!
ちなみに、どっしり構えて読んだら面白い作品とかは、読書のマイブームが来た時に読みます笑

漫画の感想もお待たせしており申し訳ないです。
(作品はもう読み終えているのですが)
挿絵描いてくれる人はいまだ見つかっておりません!!やばいです~
既に短めだった「絵師さんの作業期間」もどんどん条件がキツくなっていくし~汗
美男子に造詣の深い方でお知り合いの方がいましたらぜひご紹介ください。

Re: 夜勤 50ページまで読みました~ - 友浦

2016/02/01 (Mon) 15:25:56

追記になりますが
絵師さん無事決まりました!!ありがとうございました

夜勤 読了。面白かったです^^ - MSLABO URL

2016/01/24 (Sun) 12:46:36

こんにちは、MSLABOです。
名古屋コミライの会場では、少しだけお話をさせて頂きました。
おまけに友浦さんのブログにも紹介頂いて・・・嬉しいやら恥ずかしいやら(笑)。ありがとうございます。

夜勤 読み終わりました。面白かったです。
結末への展開は、やや強引かな?と感じました。でもメイキング小冊子を読ませていただくと、みなさんで智慧を出しながら苦労して書かれたようで、それはそれでアリなのかなという気もします(笑)。

素敵な友達が沢山みえるようで、ちょっと羨ましいですね。友浦さんの人徳かな?。夢を一緒に見てくれる人がいるだけで、夢は現実へと変わります。

「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。:オノ・ヨーコ(ジョン・レノンの妻)」という言葉もあります。私も陰ながら応援しています。頑張ってください。

また近場の同人誌即売会に参加されるような機会があるようでしたら、教えて下さいね。応援に駆けつけたいと思います(笑)。

あ、あとブログの記事で「参加サークル数」の箇所は修正しておきました。ご指摘ありがとうございます。恥ずかしーー(汗)。

お互い路線は異なりますが、同じ「物書き」として、頑張っていきましょう。将来、お互いが、どこかのメジャーな創作の場で出会えるような事があれば良いですね。

Re: 夜勤 読了。面白かったです^^ - 友浦

2016/01/31 (Sun) 23:50:40

MSLABO 様

わああめっちゃ早い読了ありがとうございます!!
ブログもありがとうございました~。
実はそちらのブログにコメントを残そうと試みたのですが、ツイッター連携がうまくいかなくて、できませんでした泣

>結末への展開は、やや強引かな?と感じました。

そう思われる方がいてもおかしくないかもしれません汗
そもそも展開も詰め詰めなのも自覚していて、そして後半が駆け足になってしまうのも、
よく指摘されるところであったりして……。
ただ、面白かったと思ってもらえたところもあったようで、それはほっとしました~。

>みなさんで智慧を出しながら苦労して書かれたようで、
いや~、そうですそうです……。本当に助けられました。
作品を作る上での苦労はきっと誰しもたくさんあると思うのですが、
ここまでそれを前面に出していくスタイルの書き手は少ないかもです笑
まあ、書き手も多く集まる場での発表ということで、メイキング小冊子にてドキュメンタリーよろしく舞台裏を明かしてみました。

>「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。:オノ・ヨーコ(ジョン・レノンの妻)」
これ良い言葉ですね。言われてみて、自分でもそう思いました。
MSLABOさん含め、応援して下さる方々に本当に感謝しております。

ブログ記事の更新箇所も読ませていたいております!
サークル数のはおせっかいとは思いつつ指摘してみました><(気付いたのは友浦劇場裏方李影ちゃんです)
はい! お互い頑張っていきましょう!!
ブログもこれから楽しみにチェックさせてもらいます~~♪


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.